アロエを塗ったら赤く腫れた


アロエの化粧水やクリームを塗ったら、肌が赤くなったり、
ちょっとかゆいといったケースもごく稀にあります。

ただ、別にこれは、アロエだけでなく、他の化粧品などでも
同じように起こる現象のひとつですね。

よくある原因として「弱酸性」という言葉はご存知ですか?
CMなどで「弱酸性の化粧水だからお肌に優しい」といった内容が
流れているので、耳にしたことがある方も多いと思います。

アロエを使った化粧品は弱酸性のモノが多いからです。

自分の肌がアルカリのお肌になっていると、弱酸性に反応して、
赤く腫れちゃったりするんですよね。

そういって、アロエを顔につける前に少量のアロエクリームや
アロエジェル、アロエ化粧水を腕などに軽くつけて確かめることを
「パッチテスト」と言います。

アロエ以外でも、アレルギーなどを確かめるときに医者でも
行われる方法ですね。

まぁ、花粉症のアレルギーの検査に行ったときは、腕じゃなくて
鼻に綿棒を突っ込んで採取した鼻水を元に検査していましたが(笑)

関連エントリー

 
Copyright © 2007 アロエ健康美人. All rights reserved