アロエは生でも食べられる?


「アロエは生でも食べられるのか?」ということですが、
全然OKです。まさにアロエの成分を最大限に活かした摂取方法に
なるのでは無いでしょうか?

・・・しかし、ハッキリ言ってアロエはニガイです!

お子さんたちが、そのまま、まるかじりするには、ちょっとキツイです。
カラダに良いからとムリに勧めても、子供はもっとキライになっちゃう
だけなので、そういった場合はムリをせずに粉末などを味噌汁や
スープに混ぜながら食べてもらいましょう。

あろは味がついているアロエジュースなどですか?
ただ、子供のころから便秘に悩んだり、健康に悩んでいる子は
そんなに多くないでしょうから、そんなにムリに子供に与える必要は
無いと思いますよ^^

ちなみにアロエをまるかじりで食べる量として、大人で約2センチ、
50グラムほど、子供はその半分ぐらいにしておきましょう。

「まるかじり」といっても、スナック菓子のようにバックリと
食べるのは食べすぎです^^;

アロインを摂取しすぎると、便秘が治るどころか下痢になっちゃうかも
しれないので、取りすぎには注意しましょうね。


他のモノと混ぜて大丈夫?


アロエはハッキリ言って「ニガイ」です。アロエベラはキダチアロエに
比べて、にがみの成分であるアロインが少ないから、アロエジュース
として使われることが多いと言っても、正直飲み易いまでは
いきません...

そういった場合、何か他の食べ物と混ぜて大丈夫?ということですが、
他の食べ物とや飲み物と混ぜてもらっても特に問題はありません。

ただ、あまりにも熱い食べ物と混ぜると、せっかくの成分が
壊れてしまう場合もあるので、できれば冷たいモノが良いのでは
無いでしょうか?

粉末をジュースといった甘いモノと混ぜて摂取している子供もいます。

森永のアロエヨーグルトなどが有名ですが、
アロエヨーグルトなんて、赤いきつねでもあるまいし、赤いアロエが
出ているぐらいですからね^^

鮮やかな赤い色をしているサボテンのタネが混ぜられていることで
赤い色を出しているそうです。

ちなみに森永のアロエヨーグルトは、ハッキリ言ってオイシイですが、
他のサプリメント、健康補助食品として作られているアロエ食品に
比べたら、どちらかというとヨーグルトとしての色のほうが
強いのでは無いでしょうか?

関連エントリー

 
Copyright © 2007 アロエ健康美人. All rights reserved